1.申込資格
 北見市に店舗、事業所等を有する事業者とし、次の①から④に該当する事業者を除いたもので、北見市内の店舗等に限り商品券を使用できるものとします。
風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業を行っている事業者
特定の宗教・政治団体と関わる場合や業務の内容が公序良俗に反する営業を行っている事業者
下記「3.商品券の利用対象にならないもの」に記載の取引、商品のみを取り扱う事業者
役員等が暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)、暴力団員(同条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者に該当する事業者
2.登録料
 
無 料
3.商品券の利用対象にならないもの
明らかな資産形成であり、消費の下支えとは言いがたいもの(出資や金融商品の購入等)
換金性が高く、消費税・地方消費税率引上げ直後の消費に確実につなげるという本事業の趣旨にそぐわないもの(商品券、プリペイドカード等)
上記「1.申込資格」①に該当する風俗営業に係るもの
加盟店自らの事業場の取引(商品の仕入れ等)
国や地方公共団体への支払い(税金・使用料等)
たばこの購入
その他、北見市が使用について相応しくないと判断した商品、サービス
4.厳守事項
商品券は物品の販売又はサービスの提供などの取引において利用可能です。
商品券と現金との交換は厳禁です。
商品券の券面金額に満たない利用であっても、つり銭は出さないでください。
利用期間を過ぎた商品券は受け取らないでください。
商品券の紛失及び盗難に対し、北見市はその責任を負いません。
商品券を受領したときは、再使用を防止するため商品券の裏面に加盟店名を記載(手書き又はゴム印等)してください。なお、裏面に加盟店の記載がない場合、換金できません。
加盟店であることが明確になるよう、配布するステッカーを消費者にわかりやすい場所に掲示してください。
5.換金方法
委託業者(市内金融機関を予定)に使用済商品券と換金請求書を提出いただいた後、登録口座へ振込します。
換金受付期間は2019年10月2日から2020年3月13日までとし、期間を過ぎてからの換金には一切応じないものとします。
換金手数料は無料とします。